まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『やがて恋するヴィヴィ・レイン7』感想

やがて恋するヴィヴィ・レイン (7) (ガガガ文庫)

ストーリー
「楽園(エデン)が墜ちてくる」――。遂に起動したワールド・トリガー。三界を隔ててきた「壁」の消失が迫り、エデン評議会は飛行艦隊によるグレイスランド爆撃を決断する。ジェミニを説得するため旅立ったファニアはグレゴリオの奸計により再び窮地に。グレイスランド統一を目前に控えたジェミニは、ルカの死を知り心身に変調を来す。エデン飛行艦隊への奇襲をもくろむルカとヴィヴィは隠れ家での共同生活をはじめるが……。犬村小六が贈る、革命と戦争、恋と冒険の大叙事詩が、ついに完結!!

シリーズ完結。文字通り世界がひとつになろうとする中、迫りくるエデンの艦隊との最後の戦いが描かれる。
ルカ、ヴィヴィ、ファニア、ジェミニ。時に仲間であり時に敵であった面々が、それぞれの場所で思いを同じくして強大な敵に立ち向かう。嬉しいけれども少し切ない、複雑な思いが去来します。
でも最後にこの表紙が、「やがて恋するヴィヴィ・レイン」が見られてよかったな。満足の大団円でした。


ジェミニを説得するため共和国に舞い戻るファニアとミズキ。第一歩から躓いてしまってどうなるかと心配していたら思わぬ助っ人が。そうか、お前がいたか!
カミーユとの邂逅を経て、ただのお飾りでなく、確固たる信念を持ったリーダーとして再び民衆の上に立つ元王女。最高に格好良かったです。カミーユは、どこまでも他者に振り回され続けた男ではあったけれども、最後の最後で自らの理想に沿ったことを成し遂げることができましたね……。
一方、エデン飛行艦隊に備えて2人暮らしを始めるルカとヴィヴィ。角突き合わせてばかりの両者だけれども、なんだかんだいい雰囲気だったりしてニヤニヤしてしまう。この期に及んでラブコメですかこんにゃろう!(笑)


グレイスランドを支配するべく送り込まれるエデンの大艦隊。一方的な殺戮。しかし今回ばかりはそれだけでは終わらない。長年空から踏み潰されてきた人々の逆襲が始まる。
大軍を率いて戦ったあの頃とは打って変わって、こちらの戦力はルカとヴィヴィ2人だけ。周囲を敵に囲まれ、いつ終わるとも知れないギリギリの戦い。そんな極限状況の中で、心の中まで繋がることの心強さ。
それでも追い詰められてしまったとき、ずっとルカのことを追い求めてきたあの男が見せる最後の華。おいおい、いいとこ持ってくじゃねえか……。想像とはだいぶ違う形だったけれども、約束は叶ったな。
ルカによる一撃の前の口上、ちょっと震えてしまった。何度も底から這い上がってきた彼だからこそ言える台詞だなあ。
終章、収まるべきところに収まったというか、納得の終わりで良かったです。ファニアはむしろこれからが戦いの時かもしれないけれども、彼女らしくまっすぐに頑張ってほしい。きっと遠くで誰かが見守っている。


ルカとヴィヴィの旅路を淡々と描く番外編読みたい……。

『小説の神様 あなたを読む物語(下)』感想

小説の神様 あなたを読む物語(下) (講談社タイガ)

ストーリー
あなたのせいで、もう書けない。親友から小説の価値を否定されてしまった成瀬。書店を経営する両親や、学校の友人とも衝突を繰り返す彼女は、物語が人の心を動かすのは錯覚だと思い知る。一方、続刊の意義を問う小余綾とすれ違う一也は、ある選択を迫られていた。小説はどうして、なんのために紡がれるのだろう。私たちはなぜ物語を求めるのか。あなたがいるから生まれた物語。

「だからね、この物語を書いてくれてありがとう」
上巻を読んでから首を長くして待った1ヶ月。長い1ヶ月でしたが、ようやくこの本を読むことができると、少し震えながらページをめくりました。読みました。最高でした。
小説にまつわる、苦しいこと、切ないこと、理不尽に思えてしまうこと。楽しいこと、喜ばしいこと、思わず笑顔になってしまうようなこと。物語というものに対しての、書き手としての、読者としての、さまざまな思いがぎゅぎゅ、っと詰め込まれていて、どれもこれも共感できてしまって、ため息が出ちゃう。
作者の叫びのようにも思えるあれやこれやが、胸をえぐってきます。小説に関わる全ての人が幸せであればいいのに。せめて自分くらいは、いい読者でありたい。真摯な読者でありたいなあ。


真中さんとの再会を経て、すっかり自己嫌悪に拍車がかかってしまった成瀬。そんな彼女に物語を読むことの喜びを思い出させてくれたのは、リカの取り巻きの一人・ユイちゃんでした。
初めて小説を読んだという彼女の、無邪気に物語のことを語る笑顔! 友達と同じ本のことを語り合う楽しさ! そうだ、小説は一人で読むものだけれど、みんなで楽しめるものでもあったんだ。忘れてしまっていた。物語を通して人と繋がるということ。何物にも代えがたいこの喜び。
成瀬は自分の世界に閉じこもりがちで、うじうじと一人で抱え込んで、勝手な思い込みで爆発してしまったりもする子だけれど、そういう部分はきっと誰しもが持っている。彼女の場合は、気づかせてくれる友達が近くにいた。ちょっと、内の物語に向けていた視線を、外に向けてみるだけでよかった。
物語は彼女を追い詰めてばかりいたようにも思えたけれども、そうじゃなかった。そのことがまるで自分のことのように嬉しい。救われた気持ちになりました。


一方、続刊の是非について小余綾とすれ違い続ける一也。近づいたり離れたり、ちょっと前に進んだかと思ったら元の場所に戻っていたり、まったくしょうがない二人である(苦笑)。
すれ違うというのは、お互いのことが分かっていないということで。一見して距離が縮まっていても、逆に意見は割れてしまったりする。人間という物語は本当に難しい。
でもだからこそ、相手の物語を読もうとする行いはとても尊くて素敵なことだと思います。それは怖くて勇気のいることかもしれないけれども、きっと、とても価値のあるものです。本当に大切な人に対しては、自分の物語をさらけ出して、相手の物語を読もうと努力したい。この作品を読んでいると、そうする勇気が湧いてくるような気がするから不思議です。
一也と小余綾がようやく見出した、続刊を書く意義。気付いてみれば当たり前すぎるくらいに当たり前だった、ある意味陳腐な結論だけれど、一読者としては拍手喝采を贈りたい。
作者の思いが必ずしも読者に届くとは限らなくて、同じように読者の思いも作者に届かないことはある。だから、読者の切実な思いに気付いてくれた作者には、全力で感謝を届けたい。そんな思いで、今回の出だしは小余綾詩凪の言葉を借りさせてもらいました。
まるで自分のために書かれたように思える本。奇跡みたいな出会いをしたと信じられる本。この作品は僕にとって、間違いなくそう思える大切な本の1冊になりました。
だからこそ言います。続きが読みたい。読みたいなあ。文化祭が結局どうなったのかも、一也と小余綾のラブコメの行く末も、千谷一夜の新作も、気になって仕方ないんだ! いつまでだって待ちますから。続きを。お願いします。


それにしても表紙が素晴らしすぎる。うちの本棚にもう少しスペースがあれば並べて面陳するのになあ!

『図書館の殺人』感想

図書館の殺人 (創元推理文庫)

ストーリー
期末テスト中の慌ただしい9月、風ヶ丘図書館で死体が発見された。閉館後に侵入した大学生が、山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺されたらしい。しかも現場には一冊の本と謎のメッセージが残されていた。警察に頼まれ独自の捜査を始めた裏染天馬は、ダイイングメッセージの意味を解き明かせるのか? ロジカルな推理、巧みなプロットで読者を魅了する<裏染シリーズ>第4弾。

『図書館の殺人』の文庫版が出たぞー! というこでこの機に感想を書いてみようと思います。ミステリーの感想はあまり書き慣れないのだけれど、大好きなシリーズだから、せっかくだしね。
シリーズ第4弾となる今回の「館」は図書館。現場に残されたのは意味深なダイイングメッセージ。
わずかな証拠から冴え渡る論理で真実を浮かび上がらせていく裏染の圧巻の推理ショーは健在でした。被害者の従妹・城峰さんの存在が味わい深い。


今作の一番の推しポイントはやはり、トリッキーな言動の探偵役・裏染による細やかかつ大胆な推理劇にあると思います。
深夜の図書館で起こった悲劇。被害者の手元には血で書かれたダイイングメッセージが……という状況で、当然メッセージに関する推理が始まるのだと思いきや、そんなものについて考えるのは「時間の無駄」とバッサリ切って捨ててみせるのが最高! 推理はパズルゲームではなく、確たる証拠から論理に基づいて行われるべきという強い意志が感じられます。そう、彼にとって重要なのはダイイングメッセージなどではなく、カッターの欠片や懐中電灯のことなのだと……。
僕はハードカバー版も読んでいて、その時は特に疑問にも思わなかった細かい部分で、きちんと筋が通るように修正がされた部分もあるようです。それから恒例の「読者への挑戦」。やっぱりこれがあると引き締まる感じがしますよね! まあ、挑戦されたところで読む手を止めて推理しようというような、殊勝なミステリー読者ではないのですが……(すみません)。


今回の事件は高校の定期試験の日程と丸かぶりで捜査されていくのだけれど、放課後は刑事たちに囲まれて殺人事件を解決へと導く一方、学校では学校での日常があり、定期試験にまつわる小さな対決もあったりして実に楽しい。殺人事件を扱わず、ただ彼らの日常を描いていくだけでも十分1冊の本として面白くなるんじゃないかと思うくらいです(だからこそ前巻の短編集は最高でした)。
すっかり裏染のパートナー役になってしまった感のある柚乃。この二人の漫才も見どころのひとつですわな。本人同士に全くその気がないのは分かっているんだけれどどうしてもカップル未満っぽく見えちゃって妄想が捗ります! 柚乃ってめっちゃ可愛いよね、ね、可愛くないですか?? 今回は裏染の最後の推理に対しての重要な(!)役割を柚乃が果たしているのですが、そのシーンときたら完璧にラブコメのそれでしたわ……(笑)。
それから、裏染の過去について柚乃が自ら調べだしたのは、今後の関係性に関わってきそうな大きな一歩でした。まだ謎の多い彼の過去ですが、ラストの香織の一言が気になりすぎる! 続刊が大いに待ち遠しいです。


柚乃を虎視眈々と狙う鏡華が笑える(すき)。