まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。2』感想

ストーリー
ヤケ酒の帰り道に、家出JK・沙優を拾ったサラリーマンの吉田。そのまま始まった微妙な距離感の同居生活にも慣れてきた頃、沙優から“お願い”を切り出される。「バイトをさせてください」「いいぞ」「いいぞって! ……え、いいの?」 遠慮ばかりだった沙優が「自分のやりたいこと」を教えてくれた。それだけのことがなんだか嬉しい吉田。そんななか、元片想い相手である後藤さんに、なぜか2人きりの夕食に誘われて――「吉田君のお家に行きたいって言ってるんだけど」サラリーマンと女子高生の日常ラブコメディ第2巻。

家出JK、アルバイトをはじめるの巻(まき)。いやー、今回も性癖とハートの繊細な部分を綺麗にぶち抜いてくれやがりましたね。
沙優が少しずつお願いをしてくれるようになったり、沙優に吉田以外の人々との関係が生まれたりで、ほっこりと温かい気持ちにさせてくれたと思ったら。
沙優の過去からの厄介極まりない来訪者が大いに心を乱してくれましたわ……ほんと、思うがままに読者の胸をかき回してくれるぜ、この作品はよぉ……。


近所のコンビニでアルバイトを始めた沙優。たったそれだけのことなのに、なんだか嬉しくなってきてしまいます。
バイト先で一緒になった同い年のギャルと友達になったりして。吉田の家まで遊びに来るようにもなって。
なんだか沙優が、どんどん年相応の、普通の女子高生らしい女子高生になってきている感じで。そのことがとてもとても嬉しいし、それを自分の子のことのように喜ぶ吉田の姿がまた微笑ましい。なんなんですかね、吉田と沙優の関係性って、ほんと最高ですよね。たまらんよね。
あさみもめちゃくちゃイイ奴でね。良かったよお。お前になら沙優を安心して預けられるぜ……(父目線)。
そしてもう一つ、重要な出会いがありました。後藤さん、マジで悪い女だった! くぅー、男心を弄びやがってからに!!
いやあ後藤さんもね、魅力的な人ではあるんですけどね。でも沙優に対しての大人ぶり方とかそういうのを見ていると、やっぱりお邪魔虫に思えてしまう僕がいる。もっとも沙優にとっては彼女も素敵な大人だし、大切なことを伝えてくれていたとも思うんですが。
後藤さんと出会ったことで、沙優の気持ちがこれからどう揺れ動いていくのかは大いに楽しみなところです。


一歩社会に出たことによって、いい出会いもあれば、当然悪い出会いが訪れることもある。
沙優の「過去の男」の一人である矢口は、もうなんというか、直球にクソ野郎でした。っていうかゴミクズでした。ちくしょう! なんで僕は本のページをすり抜けてこいつを直接殴りに行けないんだ!
これが、沙優が過去に置いてきたもの。残してきてしまったもの。彼女がそういうことをしてきたことは知っているけれど、こうしてその当事者が現れるとまた生々しさが違うな……。
でも、沙優はもうその頃の沙優とは違うんです。一度間違ってしまったからって、また同じことをしなきゃならないなんてことは、当然ありえない。
今の沙優には未来があって、守ってくれる人たちがいる。吉田、やっぱかっけえなあ。このメッセージだけ読んで走り出せるのは、かっこいいわ。本当に沙優のことが大切なんだなあ。
いつまで一緒にいられるのか。お互いに未来を見据えられるようになったからこそ、そういう問題も出てきているけれど。吉田と沙優のことが大好きな一読者としては、この温かくて優しい日常が、1日でも長く続いてくれることを望まずにはいられないのです。


今回の三島はちょっといい女だった(対比的に)。

『Hello,Hello and Hello』感想

Hello,Hello and Hello (電撃文庫)

Hello,Hello and Hello (電撃文庫)

ストーリー
「ねえ、由くん。わたしはあなたが――」
初めて聞いたその声に足を止める。学校からの帰り道。中学のグラウンドや、駅前の本屋。それから白い猫が眠る空き地の中で、なぜだか僕のことを知っている不思議な少女・椎名由希は、いつもそんな風に声をかけてきた。笑って、泣いて、怒って、手を繋いで。僕たちは何度も、消えていく思い出を、どこにも存在しない約束を重ねていく。だから、僕は何も知らなかったんだ。由希が浮かべた笑顔の価値も、零した涙の意味も。たくさんの「初めまして」に込められた、たった一つの想いすら。これは残酷なまでに切なく、心を捉えて離さない、出会いと別れの物語。

第24回電撃小説大賞<金賞>受賞作品。
一週間しかこの世界に痕跡を残すことのできない少女が、一週間ごとに自分のことを忘れる少年と何度も何度も出逢い続ける切なさ満点のラブストーリー。
これはもう、設定がずるいよ。胸がぎゅうううっとなっちゃうもの。世界からはじき出されてしまった少女の精一杯の恋物語、堪能しました。


見ず知らずの女の子に声をかけられ、「映画に連れて行って欲しい」と逆ナンされた少年・春由。でもそれは、その少女・由希にとっては春由との92回目の出逢いだったのです……。
うーん切ない! 一週間経つごとに、記憶だけでなく自分が世界に残した全ての痕跡が、まるで自分が存在しなかったかのように失われてしまうヒロイン。
誰よりも孤独で、誰よりも寂しい。そんな彼女に声をかけてくれた少年がいて。少女は彼を通して世界に自分を刻み込もうと決めて。
そして少女は、何度も何度も、幾度も幾度も、同じ少年への「Hello」を繰り返す。はぁー、このタイトルはそういうことか……秀逸すぎてやるせなくてため息が出ちゃう。


一週間ごとの少年と少女の日々は、どれもこれも素敵なもので。でもその思い出は由希の中にしか残らない。
自分に関する記憶も思いもリセットされる相手に対して、諦めずに百回も二百回も声をかけ続ける由希の執念の気持ちたるや、想像するに余りあります。
由希ってさあ、めちゃくちゃ素敵な女の子なんですよ。そりゃもう、春由がたった一週間で何度でも好きになってしまうくらい、小悪魔的な魅力に溢れたお姉さんで。こんな運命の下になければ、きっと大層素晴らしい恋をしたに違いなくって、でもそれが許されないこの世界の不条理が、あまりに悲しい。
いつまでもいつまでも、この楽しい地獄のような日々が続いていってしまうのかと思いましたが、とうとう運命の周回がやってきます。
春由の方は欠片も覚えていない繰り返しの日々の中で、でも本当に、由希が彼の中に残したものは何一つなかったのか。いや物理的にはそうかもしれない。記憶だって思いだって消えてしまったかもしれない。世界の理は、誰がどう見ても隙なしだ。だからこんなのは、ただの奇跡なんだ。
世界から存在を拒否された女の子が、二百回以上の恋の末にようやくつかみ取ったものなんだ。それは本当にちっぽけなもので、誰も彼もが笑顔のハッピーエンドではないかもしれないけれども、間違いなく由希にとってはハッピーエンドだった。だから、読者としては正直納得したくはないんだけれど、それでいいんだと思います。


イラストはぶーたさん。儚さ満点の由希が素敵でした。
年齢ごとに少しずつ変化しているけれど、個人的には12回目の由希が好きです。ショートかわいい。


朱音も、由希の影に隠れた悲劇のヒロインだよなあ……。

『優雅な歌声が最高の復讐である』感想

優雅な歌声が最高の復讐である (電撃文庫)

優雅な歌声が最高の復讐である (電撃文庫)

ストーリー
俺は怪我でサッカーを辞めた。他にやりたいことなんてない。そんな灰色の高校生活で出会ったのが、歌姫の瑠子だった。学校中に注目される瑠子は、夢を失った俺には近寄り難いけど、その瑠子から合唱コンクールで指揮者に指名された。なんで俺が――?
私は歌えなくなってアメリカから帰ってきた。クラスのみんなは歌姫「RUKO」に期待している。でも、本当のことを言えず辛い時、サッカーをやめて無気力になった隼人がいつも助けてくれる。隼人はかつては眩しかった。私のことは覚えていないみたいだけど、また輝きを取り戻して欲しいと思ってる――。
挫折から立ち上がる少年と歌姫を描く、極上のボーイミーツガールストーリー!

怪我でサッカーをやめた少年と、元の歌声を失った世界に誇る歌姫の少女が出会い、ともに背中を押しあいながらまた走り出すボーイミーツガール。
それぞれの理由から目標をなくしてしまった少年少女が出逢いをきっかけにして新たな一歩を踏み出していく綺麗な物語展開が良かったです。
強気にグイグイ来るヒロインに振り回されたい欲、ありますよね。


主人公の隼人は元々同年代の日本代表に選出されるほどのサッカー少年。でも怪我が原因でサッカーから離れることになり、夢を失ってぼんやりとした毎日を送っている。
そんな彼の前に現れた転校生は、全米で大成功した歌姫・RUKOこと瑠子。しかし彼女にも人前で歌うことのできない理由があって……。
サッカーと歌。それぞれ恵まれた才能を持ちながらも、それを失ってしまった少年と少女。まさに運命的な出逢い。これがボーイミーツガール。
初めはちょっと距離のあった二人が、校外学習や合唱コンクールを経てゆっくりとお互いを特別な相手だと思うようになっていく過程が丁寧に描かれていて良かったですね。
特に合唱コンクール! 伴奏担当の歌姫から直々にご指名を受けて指揮者になるとか、かなり燃えるシチュエーションなんですけど! なったらなったで「腰抜けの性根を叩き直す」とか言ってビシビシくるし、瑠子はいい意味でアメリカ的というか、まどろっこしいところがなくていいですね。


瑠子のサッカー練習がきっかけとなり、そして瑠子とのサッカー観戦が決定的な理由となり、サッカーが好きだという思いを取り戻していく隼人。
たとえ日本代表には戻れなくてもね。好きだという気持ちが素直に弾けるのを見るのはいいもんですよ。デート中の女の子をほっぽり出してどっか行っちゃうのは本気でありえないけど……ぶっちゃけドン引きだけど……。
ただ、サッカーの試合描写は、ちょっと専門用語が多すぎて目が滑ってしまったなあ。いや、瑠子にまつわる音楽語りもそうなんですけどね。サッカーと音楽に関する作者の造詣が深いのは分かりましたが、小説ではなくて説明文を読んでいるみたいで、だいぶ面白みに欠けた部分がありました。サッカーの試合は隼人の転機となる重要なシーンだし、ここは正直もったいなかったかなと。
そういう細かいところを除けば、ストーリーの仕立ては綺麗だったと思います。隼人の次は瑠子の番ということで、元々の歌い方ができなくなってしまった瑠子が日本で新たな挑戦を始める展開にはドキドキしたし、瑠子が隼人にちょっかいをかけてきた理由が明かされるとニヤニヤしてしまいました。
終盤の「つきあってないけどほぼカップル」な二人のやりとりとか、いいラブコメっぷりでしたね。ごちそうさまです。


イラストはU35さん。少し淡い印象の本文イラストがストーリーによくマッチしていたと思います。
エピローグの見開き2枚、贅沢でよかったー。


亮が一番の萌キャラ説。