まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『涼宮ハルヒの直観』感想

涼宮ハルヒの直観 (角川スニーカー文庫)

ストーリー
初詣で市内の寺と神社を全制覇するだとか、ありもしない北高の七不思議だとか、涼宮ハルヒの突然の思いつきは2年に進級しても健在だが、日々麻の苗木を飛び越える忍者の如き成長を見せる俺がただ振り回されるばかりだと思うなよ。だがそんな俺の小手先なぞまるでお構い無しに、鶴屋さんから突如謎のメールが送られてきた。ハイソな世界の旅の思い出話から、俺たちは一体何を読み解けばいいんだ? 天下無双の大人気シリーズ第12巻!

Welcome back.
涼宮ハルヒが帰ってきた。
新作とはいえ短編集なんだよなとか、3本中の2本は既に発表されているものを掲載しただけなので本当の意味での新作は1本だけとか、読む前に感じていたそんな細々としたあれこれなんて読んだ今となっては何も関係ない。ただ込み上げる歓喜の内に「おかえり」とそう呟くだけである。
9年ぶりにハルヒの新刊が出ると聞いて最初に思ったのは「『驚愕』から9年ってこと自体がまず驚愕」だった。『分裂』から『驚愕』までは4年だったので、せいぜいその程度しか空いてなかった気がしていた。『驚愕』発売日の0時に行われた特別深夜販売の列に並んで、ファミレスで夜を明かして読みふけったことを昨日のように思い出す。もちろん続きが出ることをずっと待っていたけれど、『驚愕』の時点で待つのに慣れすぎていて、もう出ないかもしれないなんて欠片も思わなかったし、そうこうしているうちに9年も経っていたなんて全く気づかなかった。それだけ涼宮ハルヒは僕の中で鮮烈に存在し続けた。
そして今。その新刊を読んだ。僕がこのシリーズの熱狂的な信者で9年ぶりに出た新刊をド深夜に読み終えたばかりの興奮状態でありしたがって全く冷静な精神状態にはなく頭がオーバーヒート気味であるということを差し引いた上で以下の感想を読んでほしいと思うのだけれど、もう超絶的に面白かったです。


「あてずっぽナンバーズ」はSOS団のメンバーで初詣に行くお話。一番短いお話であり、初詣でワイワイやりながら古泉からのちょっとしたクイズにキョンが挑戦するというだけの短編なのですが、早速今巻におけるナンバーワンのニヤニヤポイントが用意されており久しぶりに摂取するには少々過剰栄養気味なくらいでした。12冊めにもなってこの程度のイベントでニヤニヤできるのがむしろ凄いというか、キョンハルヒの奥手さを逆説的に表しているなあと思うのですが、とにかくごちそうさまでした。なおナンバーズはそれっぽい数字を電卓にぶっこんだら簡単に解けました。何とは言わないが理想的すぎるな、この男。


「七不思議オーバータイム」はハルヒを除くメンバーで学校の七不思議をでっちあげるお話。ページ数的には中編。キョンと古泉が百人一首に興じ、朝比奈さんがたどたどしく読み上げ、長門がその読み違いを訂正する、そんなほのぼのとした部室の場面に突如現れる謎めいた新キャラクター(もっとも今作においてキャラクターが謎めいていなかったことなど未だかつてないのだけれど)、ハルヒが現実改変をしないように先回りしてそれっぽい七不思議を作り始める団員たち。学校の七不思議あるあるをネタにして対ハルヒ用のユーモアを盛り込んでいく会話劇はそれだけでも楽しくて、完全に文芸部室の中で完結するストーリーはただのなんでもない日常の1ページのようにも見えるのだけれど、かと思えば遅れてやってきた我らが団長の思いもよらぬ発言にさすがと唸らされたり、古泉の鋭いツッコミと思わせぶりにめくられた百人一首からキョンの心情を考えさせられたりと、なかなか考察の捗りそうな一編にもなっておりました。


鶴屋さんの挑戦」は今回唯一の書き下ろしであり、ページ数的にも長編と読んで差し支えないボリューミーなお話。「七不思議オーバータイム」で登場した新キャラ・Tをゲストに迎え、鶴屋さんが旅行先から送ってくるメールの謎を紐解いていくミステリー仕立ての一編です。序盤、古泉と長門とTによるミステリー談義は作者のミステリーオタクっぷりを如実に示す内容で、わかるようなわからんような、やっぱりよくわからんというのが正直なところ。詳しい方の解説待ち。この作品、やたら後期クイーン問題(よくわからん)が好きだよなあ。
鶴屋さんから送られた3本のメールに隠されたトリック。それぞれ僕でも気づけるような違和感もあれば、ハルヒや古泉による解答編で初めて気づかされるものもあり、まあ大半が後者なのですが、ともあれひとまずの納得が得られたところに来て、さらに二重三重のトリックを明らかにしていく。ここにきてようやく僕は思い出しました、ああ、そういえば、ハルヒってミステリーだったよなあと。もちろんSFであり、学園青春モノであり、もしかしたら恋愛小説でもあるかもしれないけれど、シリーズに通底する要素としては、やっぱりミステリーだよなあと。今回はそのミステリーの部分を全面に押し出してきていて、純粋にただただ楽しかったです。もっとも読者への挑戦状には敗れましたが(僕もどちらかというとアイズリーディングオンリーを好む側なので、正確に言えば挑戦すらしませんでしたが)。
しかしてミステリーをただトリックとその解決だけに留めておかないのが、また今作の傑作たる所以であり。長門の珍しいふるまいや朝比奈さんの愛らしい言動が解決の糸口になったり、鶴屋さんの底知れなさが改めて明らかになっていったり、信頼できない語り手たるキョンの信頼できなさがまたしても浮き彫りになったり、ハルヒの現実改変能力が作中のみならず我々読者にも影響を及ぼしてしまっているのかもと思わされたり。時に魅力的なキャラクター小説として、時にメタフィクション小説として、色んな顔で圧倒的な面白いを突きつけてくれる今作は、やっぱり格別の味わいを誇る物語だと感じました。


ああ、面白かった。ワクワクした。ニヤニヤした。ゾクゾクした。楽しかった。次もきっとあるよね。何年でも待ってやる。でもできれば早めがいいです(小声)。

『我が魔道書は此処に在り 没落貴族と魔道学院』感想

我が魔道書は此処に在り 没落貴族と魔道学院 (富士見ファンタジア文庫)

ストーリー
七年前――名門ロレーヌ公爵家は壊滅した。陰惨な闇討ちを受け、貴族の誇りである魔道書を失うという、最悪の形で。没落公爵家に残された、幼き令嬢ルネと騎士アルト。ロレーヌ家を陥れた宿敵への報仇、誉れ高き家門の再興を生涯の誓いとしたふたりは、伝統あるベルン帝立魔道学院の門を叩く――。帝国随一の荘厳な学び舎。天賦の才に溢れる俊英ぞろいの学徒たち。新たな一歩を踏み出したふたりだったが、否が応にも七年前の謀略に潜む黒幕との戦いに巻き込まれていき……。胸に抱くは、気高き使命と揺るぎなき矜持。世界を変える力、魔道にすべてを捧げた少年たちの熱きバトルファンジー開幕!

魔道と王道と学園と
没落した公爵家の主従が、お家復興のために魔道学院へと入学し、襲いかかる悪意に立ち向かってゆく学園バトルファンジー
面白かった!! 魔道士である少女を守る騎士の少年、剣と魔法の華やかな戦い、高飛車な貴族令嬢との決闘と、まっすぐど真ん中のストレートをぶちこんでくれていて大満足。
舞台設定がとても好きなので、主人公たちを取り巻く陰謀やバトルはもちろん、魔道学院での日常や生活もがっつり読ませてもらいたい!


闇討ちによって父を失い、代々伝わる魔道書のページを奪われ、没落貴族の子女として魔道学院に入学した名門ロレーヌ家の令嬢・ルネ。そして彼女を守るために生きる少年騎士・アルト。
公爵家でありながら没落したロレーヌ家は貴族たちの笑いものとなっていて、周囲の目は冷ややかで。でもそんな世間の蔑みになど負けず、胸を張って家の復興を志すルネとアルトの姿が熱い。
二人のライバル役として登場してくるベアトリス&エステルの主従がまた美味しい。かたや没落貴族、かたや名門貴族の主従が、ちょっとしたいざこざで出会い、真っ向から決闘をすることになり、そしていつしか友情が芽生えていく。こう書くとベタな流れですが、ベタのレベルが高いからとても楽しい! こういうのを王道ストーリーって言うんだろうな。
特に、気位が高いお嬢様なんだけれど根っこは優しくて理解があって、それでいて魔道士としても優秀なベアトリスがとても魅力的でした。最推しです。


ルネは魔道の名門の末裔だけれど、魔道書の半分以上を失っているためにその真価を発揮することはできず、魔道士として圧倒的に強いというわけでは決してありません。
そんな彼女が、しかし授業などで少しずつ垣間見せる違和感。生命の秘奥が記されているというロレーヌ家の魔道とは、何かとんでもない力なのではないかと予感させてくれる伏線の張り方がニクい。
一方で、学院での新たな生活の中、少しずつ見え隠れするルネへの悪意と陰謀。自分たちよりも遥かに強い魔道士に命を狙われている緊張感。
ついに訪れた危機に際して、ルネとアルトの本気が明かされるわけですが、ここまでの流れがあっただけに素晴らしく燃えました。
まだ物語は始まったばかりですが、いつの日か魔道書を全て取り戻したロレーヌ家の魔道の神髄をぜひ見てみたいので、長く続くシリーズになってくれると嬉しいです。


イラストは白井鋭利さん。可愛さと格好良さ、日常にバトル、どこを取っても惚れ惚れしちゃう……。
中でもやっぱり照れ顔ベアトリス様がトレビアン。


せっかく魔法学校モノなので授業シーンももっと見たい!

『幼馴染をフッたら180度キャラがズレた』感想

幼馴染をフッたら180度キャラがズレた (富士見ファンタジア文庫)

ストーリー
以前、俺は幼馴染に告白された。内気で引っ込み思案で、でも超・可愛い文学少女の月本六華。そんな幼馴染の告白を、自分に自信がなかったこともあり、俺は断ってしまった。
「いやっはー、どもども! テルくん! 感動の再会です!」
だがフッてしまった幼馴染と再び顔を合わせると、快活な陽キャに様変わりしていた! は? そのノリ、何……? 絶対そんなキャラじゃなかっただろ! 困惑する俺を他所に六華は以前ではあり得ない大胆さでグイグイ迫ってくる。さらに今度こそ俺を惚れさせてみせると宣言してきて!? 両片思いから始まる、甘々ハイテンションラブコメ

小学生の時に告白され、フッてしまった幼馴染と高校で再会したら、キャラクターが丸っきり変わってしまっていた……というところから始まる学園ラブコメ
フラれた過去があってもめげずに押せ押せで攻めてくるヒロインが愛らしくていいですねー。
主人公の方に負い目があるから付き合っていないだけで思いっきり両思いなのに、なぜか上手くいかないところにラブコメ芸を感じます。


小学生の頃は内気な文学少女だった幼馴染の六華。しかし高校で再会した彼女はめちゃくちゃハイテンションな陽キャガールに華麗なる変貌を遂げていた!
いやー、初手から好感度MAXの肉食系女子、良いですなあ。初っ端からこんだけ飛ばしちゃっていいの? ラブコメ終わっちゃうよ? って心配になったくらい。テンションは陽キャなんだけれど要所要所でなんだか無理している感が出ているあたりがまた可愛い。
そもそも主人公・天野が六華をフッたのは自分に問題があったからで、元々彼女のことは好きだったし、なんなら今も好きだしってことで、もう既に両思い。
かといって、じゃあ付き合いましょうでハッピーエンドとなるわけもなく。キャラ変した六華への困惑やら、六華に対する負い目やらで、なかなか先へ進めない天野のお悩みっぷりがどうにも焦れったい! 結果的にキープみたいな感じになってるぞ! そのくせ、ナチュラルに六華の容姿を褒めたりとか、ちょいちょいリア充力を発揮しているあたりがまたムカつくな……(笑)。


天野があれこれウジウジ悩む一方、六華の方にも秘密にしていることがあって。いやキャラ変の理由って結局それかーい! あんまりにもな真実に笑ってしまったけれど、そのノリでやり通せるのがむしろ凄いよ……。
一緒にいるだけで、実はお互いに自分を見せることができていなかった二人が、やっときちんと向き合うことができて。さあようやく……といったところで次の爆弾が用意されている周到さには拍手。これはラブコメの名人芸。
思わぬ展開のまま次巻へ続くとなってしまったわけですけど、これこの後どうなっちゃうんです?


イラストはねぶそくさん。六華の無邪気な表情が可愛らしい。
デフォルメのギャグ顔が多めだったのも印象的でした。


離れ離れになった幼馴染が自分の親と3年間連絡を取り続けていたの、地味にホラーでは?