まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。』感想

経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。 (富士見ファンタジア文庫)

ストーリー
「す、好きです!」「えっ? ……ススキです!?」。陰キャ気味な高校生・加島龍斗は、スクールカースト最上位&憧れの白河月愛に罰ゲームきっかけで告白することになった。予想外の「え、だって今わたしフリーだし」という理由で付き合うことになった二人だが、龍斗はイケメンサッカー部員に告白される月愛の後をつけて盗み聞きしてみたり、月愛は付き合ったばかりの龍斗を当たり前のように自室に連れ込んでみたり……。付き合う友達も、遊びも、何もかも違う2人だが、日々そのギャップに驚き、受け入れ合い、そして……成長し、心を通わせ始める。読むときっとステキな気分になれるラブストーリー、始まります!

じゃあ、付き合おっか?
長岡マキ子先生の新作というだけで買いなのに、それが「経験済み」ギャルヒロインとの学園ラブコメとなったらもはや読まない理由がないじゃないですかー!! というわけで読みました。
とにかくヒロインの白河さんが可愛いんじゃ! 陰キャに歩み寄ってくれる陽キャの女の子ってどうしてこうも魅力的に見えるんだろうね……。
恋人というものの価値観がだいぶ異なる主人公とヒロイン。そんな二人がお互いのことをゆっくり知りながら少しずつ本当の恋人になっていく姿にキュンキュンする良作ラブコメでした。


陽キャ、ギャル、そして男をとっかえひっかえしているビッチ……という噂の学年一の美少女・白河さん。そんな彼女に罰ゲームで告白した結果、あろうことかOKをもらってしまった陰キャ主人公の龍斗。
「今フリーだし」という理由だけで付き合うことを決めちゃう白河さんは、実際に彼氏をすぐ変えてきたという過去があるものの、恋人に対してはとてもまっすぐで健気な女の子でした。
付き合った当日に自宅に上がらせたり、そういう行為もいいよって言っちゃったり、そんなところだけ切り取ると「やっぱり僕らとは違う人種だ……」感が凄いのだけれど、実はそれも彼氏を自分につなぎとめておくために必死だったから、という理由があって。
やることだけやっといて、こんだけ一途で健気な女の子を数ヶ月で振るなんて、これまで付き合ってきた彼氏はどんだけのクソ男だったんだ……? やっぱりヤ○チンは総じてクソ!(偏見)


最初はお互いにほぼ知らない人。でもデート1回ごとにちょっとずつちょっとずつ縮んでいく二人の距離。
そういう行為は本当に好きあってからがいい(でも帰ってからめっちゃ後悔する←わかる)、デートは白河さんの行きたいところがいい、白河さんの好きなものを少しでも好きになりたい、というリードできない草食系陰キャ男子まっしぐらな純朴主人公に対して、新鮮な驚きとともに少しずつ今までの彼氏には感じなかった「好き」が芽生えていく白河さんの姿にニヤニヤ度MAX。
なんて完璧な「陰キャ童貞オタクに都合のいいギャルヒロイン」像なんだ……いやこう書くと悪口みたいですけど、実際に僕みたいな読者が望んでいるのはこれですからね。最高のごちそうをありがとうございます(平伏)って感じですわ……。一途ギャルに間接キスでからかわれたい人生だった。
みんなのお姫様系腹黒女子こと黒瀬さんもね、ヒロインとしては決して悪くないんだけれど、今作に関しては純粋に白河さんとのイチャイチャをたっぷり楽しみたいので、みんなで仲良く……は厳しくても、軽く一波乱くらいにしてくれるとありがたいです。続刊予定も決まっているとのことなのでとても楽しみ。


イラストはmagakoさん。え、カラーの白河さん可愛い……可愛いすぎない?
扉絵の表情が好きすぎて無限に推せるんだが?


イッチーとニッシーにこそ真の共感を覚えるだめなオタク。

『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3』感想

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3 (MF文庫J)

ストーリー
常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学生同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!

二度目の無人島特別試験開幕。前巻がチーム決めと一部ルール説明だけで終わったくらいなので、本番となるとなかなか読むのが大変な回になりそうだなと思ったのですが、意外と頭脳戦控えめだったこともありグイグイ読ませてくれました。
まさかの七瀬との二人旅となった綾小路を筆頭に、時に競い、時に協力し、それぞれの思惑を持って無人島でバラバラに行動する生徒たちの姿を、巻頭の地図を眺めつつ想像するのが楽しくて仕方ない! いやーやっぱ面白いわこのシリーズ。


グループの人数が物を言う無人島サバイバルで数少ない単独グループとなった綾小路。最近爪を隠すのをやめてきた感もあるし、単独でも飄々と上位に食い込んじゃうのかななんて期待もしたのですが、序盤はまだ雌伏の時なのかな?
時間内に指定エリアへと到達することと、ランダムに出る課題をクリアすること。島の地形なども考慮しながらどうやってポイントを集めていくか戦略を立て、もちろん無人島で生き抜いていかなければならない。そんな過酷な試練を安定感たっぷりにこなしていく我らが綾小路さんの姿が実に頼もしいです。
そして意外な同行者・七瀬。彼女が危険な相手だということは前巻でもう明かされているので、どこで何をしでかすのか怖々読みすすめたのですが、案外普通というか一般後輩女子らしい可愛らしい部分をたくさん見せてくれたおかげで、見事に油断させられました。チョロいな(僕が)。
や、七瀬はヒロインとしてかなり魅力的だと思います。もちろん綾小路には軽井沢がいるんですけど! 今回は出番控えめだったもののなかなかのイベントが用意されていましたね? 良かったな軽井沢!!


グループ、クラス、そして学年と、色んな枠組みでの競争が存在する今回の試練。誰と手を組み誰と競うのか。学年問わず多くの登場人物が入り混じっておりまさに戦国時代の様相を呈しています。
綾小路が勝てばそれでよいというのではなく、クラスメイトや、同学年生のことも時には救う必要がある。それでいて彼は多くの人から狙われている標的でもある。
考えなければならないことは無数にありますが、今回の試験前半の中でも、どうやら何かを掴み、そして何かを画策しはじめたらしい綾小路が、後半でどのような戦いを見せてくれるのか。楽しみで仕方ありません。
他にも、最近不遇っぷりが加速しつづける一之瀬や、やっぱりバケモンだった高円寺、もはや噛ませ犬ぶりに定評のある櫛田、案外相性の良さそうな龍園&葛城、結局最初しか姿を見せなかった堀北など、サブキャラ陣の動向も大いに気になるところ。
とにもかくにも早く次巻を! 今回の内容を忘れないうちに出してください! お願いします!


1年生と3年生のせいで本気で誰が誰だか分からないのでマジで登場人物一覧を頼む。

『ロクでなし魔術講師と追想日誌7』感想

ロクでなし魔術講師と追想日誌 7 (富士見ファンタジア文庫)

ストーリー
リィエルが苺タルト嫌いになる呪いをかけられた――『さらば愛しの苺タルト』。公爵家の元娘・イヴ、極貧生活に耐えかね、夜のお店でアルバイト!?――『秘密の夜のシンデレラ』。セリカ主催「グレンの嫁探しコンテスト」に、本気で挑むルミア無双――『最強ヒロイン決定戦』。未来の世界でグレンの子ども達に対面!? いったいお相手は――『未来の私へ』。少女たちが、ふだんは見せない表情を満載した短編、一挙掲載! そして――《法皇》クリストフ=フラウル。まだ士官候補生だった彼が直面した絶体絶命の回顧録。窮地を救ったのは、癖だらけと噂される特務分室・最強の6人だった!

短編集もいつの間にか第7弾。本編の方ではしばらく学院を離れてシリアスな戦いが繰り広げられているので、こちらが初期の学園コメディ感を味わうための大事なシリーズになりつつありますね。
当然ラブコメの方にも期待しちゃうんですけど、今回はシスティーナ回がなかったので個人的にはそこがちょっと残念。その分イヴ回がin。これが世界の理か……。
書き下ろしの過去編は珍しく明るい話で良かった。ラストの短編が辛い思い出ばかりだと読後感がじっとりしちゃうので時々これでお願いします!


『最強ヒロイン決定戦』がラブコメ回。ぶっちゃけシスティ派的にキツかったので割愛……したいのだけど強いていえばナムルスがポンコツ可愛い。
『さらば愛しの苺タルト』はリィエルがハーレイ先輩に呪いをかけられドタバタやるお話。純粋なギャグでは今回一番面白かったかな。リィエルもハーレイもバグるととにかくめちゃくちゃやってくれるキャラなのでそんな二人を見ているだけでとにかく楽しいです。
『秘密の夜のシンデレラ』は完璧クールビューティー・イヴ先生の極秘の夜のアルバイト生活を綴ったお話。涙目になりながらプライドのためにがんばるイヴちゃん、これはまたファンが増えてしまうな……? そしてまた無意識に株を上げてしまうグレン、罪な男よ。
『未来の私へ』は短編集だからってフリーダムにやりすぎ感があったのだけれどそれもまあ富士見の伝統ってやつかな。システィーナ母娘があの呪文を使っていたのは実は重要な予言かもしれん……! ちなみに娘の中ではわりとルミリア推しかも。


書き下ろし『特務分室のロクでなし達』は若き日のクリストフ少年が特務分室の面々と初めて出会った日のお話。イヴやジャティスに思うところはあれど、当時のグレンたちがどんな風に戦っていたのかを垣間見ることができて楽しい一話でした。まあ決してこんなワクワクする任務ばかりじゃなかったんでしょうけどね……。やっぱりセラがどんな魔術師でどんな女性だったのかというのが気になるので、ぜひまた書いてほしいなあ。


天の智慧研究会に裏で操られた系の悪役さん、毎回小物感すごすぎない?