まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!』感想

ストーリー
ライトノベルまとめサイトラノベのラ猫」を運営する高校生・姫宮新。彼はとある記事作りをきっかけに、最近行われたネット小説で三位に輝いた作品の著者が意中の少女・京月陽文であると知る。彼女の投稿作品はラブコメではなかったが、ネット民の悪ふざけで炎上気味に盛り上がり三位をとった。そして、新こそがその悪ふざけを煽った張本人。だが、それを知った陽文は怒るワケでもなく、こう言った。「わたしにラブコメの書き方を教えてほしいの」まとめサイト管理人と作家志望の少女が紡ぐ青春サクセスラブコメ

前回に引き続き今年の新人賞を読もうキャンペーン。今回も絵空くん(えそら (@esoragoto) | Twitter)からのオススメです。さんきゅーさんきゅー。
第12回小学館ライトノベル大賞<ガガガ賞>受賞作品。ライトノベルまとめサイトの管理人たる主人公が、ネット小説大賞からのデビューを目指すクラスメイトの少女と関わり、グランプリを取るためのラブコメ指南をすることになるひねくれ青春創作ストーリー。
ラノベの売り上げや話題性についてのアレコレについては色々と身につまされるものがあって初めは読みづらさを感じてしまったのですが、読み終わってみれば、困ったほどに素直じゃない主人公とまっすぐなヒロインとのすれ違いが胸をきゅっとさせてくれる、後味のよい青春ものでした。


主人公・新はラノベまとめサイトの管理人。しかもウチみたいな零細とは格が違いますよ、きちんと法人化して広告収入はもとより動画制作や公式の宣伝活動まで手広く行い、月商700万を稼ぎ出すほんまもんの大手サイトです。しかも現役高校生で。うわー、嫌なヤツ!(笑)
そんな彼であるから売れるラノベにも一家言あるようで、「物語の面白さはそこまで大事じゃない」とか、まあ言いたい放題言ってくれるわけです。いやまあ、そうかもしれないけどさ! こちとら面白いラノベがもっと読まれてほしいからブログとかやってるわけで、くそ~こいつ~たかがまとめサイトの管理人の分際で~とかなんだか妙な憎しみが……。*1


「数字を追いかける」新の考え方は合理的ではありますが、いざ青春という面でみれば、いささか乾いたように思えてしまうのもまた事実。というか、はっきり言うと大人びすぎていてつまらない! 高校生ってもっと、何も考えずに走り出して壁にぶち当たって弾けてシミになったりしてほしいわけ!
そんな新の生活に一石を投じてくれるのが、新が一目惚れした少女にして作家志望のクラスメイト・陽文。
彼女は良くも悪くも普通の女の子です。ヒロインとしては少々アクが弱いようにも思えるけれど、新とその周囲の面々が濃すぎるので、対比としてはちょうどいいかもしれない。
新は彼女への好意を隠しつつ、商業的に成功するラブコメを指導していくわけだけれど、両者の距離が縮まれば縮まるほど、ふたりの価値観とかスタンスの違いが浮き彫りになっていってしまう。それは別に創作に限ったことではなくて、だからこそ「恋する」ということにとって致命的で。
別に、どちらが悪いという類のものでもないから、余計に大変だ。でもそれくらい違うふたりだからこそ、ちょっと勇気を出して壁を乗り越えたときに、これだけグッとくるものがあるんだろうなとも思うのです。
なんだか新と陽文のことに終始してしまいましたが、麻里や三郎といったサブキャラ陣の独特の動き方も含めて、不思議な面白みのある1冊でしたね。にしても「ラブコメ」ではない気がするけど(公式のあらすじを眺めながら)。


イラストはかやはらさん。なんといっても陽文のデザインが素晴らしい。これは一目惚れしますわ。
もっと色んな表情の陽文が見てみたいですね。もし続刊があるならよろしくお願いします。


ソシャゲに対しての怨嗟についてだけは新に共感できそう!(笑)

*1:まとめサイトに対して特別なヘイトを溜め込んでいるわけではありません……念のため