まだまだペンキぬりたて

ライトノベルの感想

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい5』感想

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい5 (ファンタジア文庫)

ストーリー
アニメの筋書き通りに起きてしまった戦争に、スロウはドストル帝国の侵攻を受ける迷宮都市へと辿りつく。「俺はな、お前らを探しに来たんだよ」その前線で戦う者の中には、もちろん正義感に溢れるアニメ主人公たちの姿があり。スロウは、壊滅した迷宮都市で呆然と立ち尽くすシューヤを思い出していた。そう、この街を崩壊に導くのは……「探しに来てくれたことは、感謝してる。でも、街を守る手助けがしたいんだ」――お前なんだ。『シューヤ・マリオネット』第一クール、最終話。“迷宮都市の悲劇”に、スロウが取るべき選択とは――。

戦争の始まりというアニメで予告されている悲劇を回避するため、異国の迷宮都市でまたも豚公爵(痩せた)が奔走する第5弾。
ようやくシューヤが本格的にフィーチャーされ始めました。まだまだスロウのライバルというには程遠いけれども……。
スロウの対峙する敵として次々に大物が出てきて気持ちいいですね。そのまま周囲を置いてけぼりにしていけ。


シャーロットと二人、アニメで起こる悲劇を止めるべく迷宮都市へやってきたスロウ。そしてシューヤとアリシアのコンビに再会するわけですが……。
いやーシューヤの小物感はなかなか改善しませんな! まあね、目の前でスロウに龍殺しとかやられちゃって、強くなりたいって気持ちは分からなくもないんですが、自分を心配して一緒にいてくれているアリシアを完全に放っておいてしまうのは、どうもいただけないですわ。アニメで不人気なのもわかる。スロウもアリシアも「良い奴」って言ってるわりに、どうもその良さが伝わってこないっちゅーか。
シューヤはスロウの好敵手的な立ち位置になってほしいんですけど、今のところあらゆる面でそうはなれていないので、今後の成長次第ってところです。このままだと本当に、かませ犬にすらなれずに終わっちゃうよ。


一方でスロウは今回も安定の大活躍ぶり。裏でも表でもガンガン周囲を圧倒しまくってました。
もちろん敵側の強さもどんどん上がっているので一方的とまではいきませんが、それにしたって痛快。ラストバトル、「彼」の力を宿した戦いはなかなか胸アツでした。この快進撃はどこまで続くのでしょうか。
未来を心配しすぎて思いっきり痩せてしまったのでイラストでも格好良くはなっているんだけれど、むしろ豚公爵のアイデンティティの方が危ういな! タイトル変えなくて大丈夫か!(笑)
あとはまあ、やっぱりシャーロットよりアリシアの方がヒロインとして素敵に思えてしまうので、もっとアリシアの出番をください。あの笑顔のイラスト最高でした。


しかしこの悲劇で1期が終わるってすげーアニメだわ。

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい4』感想

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい4 (ファンタジア文庫)

ストーリー
龍殺しの恩賞のため、王城へと迎えられたスロウは、ドストル帝国の軍人・ルーニーがヒュージャックに出現したと聞いて驚愕する。――『シューヤ・マリオネット』第一クールの始まり。魔物が占拠する南方を足掛かりに戦争をしかけるルーニーを討伐するため、スロウは早速オークに変身! ヒュージャックへと潜入するのだが……「なんで、私こんな格好なんですか!」ピクシーに変身したシャーロットとは大喧嘩!! そして――「お礼に、この村に銅像を立てるブヒい!」訪れたオークの村では、すっかりスロウが英雄と崇められるようになり!? 果たして、豚公爵は最悪のアニメ展開を阻止できるのか!?

学園から離れてシャーロットと二人、魔物ひしめくヒュージャックへの旅。
オークとピクシーに変身して気のいいモンスターたちとの交流にほっこりしました。
いよいよアニメ本編の内容にストーリーが進んできて、豚公爵の物語も一層大きく動きはじめる予感。


ドラゴンスレイヤーとして国中でチヤホヤされて重用でもされる流れになるのかなと思いきや、従者と2人きりでモンスターの国に潜入していくんだから全く予想ができない豚さんの行動力。
待ち受けるのはアニメで主人公の好敵手となった強敵ルーニーと、彼によって命を奪われてしまう心優しきピクシーのエアリス。そして愉快なオークキング
オークの村での日々、良かったですね。間抜けだけれど朗らかなオークたちとの毎日を見ていると、人間とモンスターで戦う必要もないのになとか思ってしまいます。ファンタジーの宿命なんだけどね。
エリアスはなかなか魅力的なヒロイン役でした。アニメでは救えない命、だからこそ絶対に救いたい。豚公爵の本気を感じますな。


スロウと対峙したルーニーも、敵ながら格好良いところのある男でしたね。
思えばスロウがここまでギリギリの戦いを見せるのも初めてのような気がします。やはりアニメで登場する敵キャラは格が違うということか。
今度はあの三銃士の一人が出てくるということで、さらに厳しい戦いが強いられそうですが……とりあえずシューヤの覚醒はいつになるのだろう……? そしてシャーロットの魔法は成長するんでしょうか? 色々と楽しみです。


一番楽しみなのはやっぱりアリシアの出番だったりもする。

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい3』感想

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい3 (ファンタジア文庫)

ストーリー
ダリス次期女王、カリーナ・リトル・ダリスの来訪に学園が沸く中、件の活躍から、その世話役を引き受けることになったスロウ。授業中に休み時間と奔放な彼女につきっきりで――「スロウ君、私と一緒に迷宮に潜らない?」国に絶大な力をもたらすドラゴンの幼体の発見。学園にきた本当の理由を明かしたカリーナ姫と迷宮探索に向かうのだが……。一方、スロウのいない学園に伝説の黒龍セクメトが襲来する。強大なモンスターを前に、学園は大混乱に陥り……「シャーロット、俺はもう二度と君を失わないと決めたんだ」学園、そしてシャーロットの危機にスロウは間に合うのか!?

引きこもり気質な次期女王の来訪、ダンジョン潜入、モンスターの大群襲来と色々巻き起こっちゃう第3弾。
カリーナ姫につきっきりのスロウに対してなんだかやきもきしちゃうシャーロットやアリシアの姿にニヤリ。
ラストは思わぬ大きな展開が待ち受けていて驚きました。おいおい豚公爵さんどんどんカッコよくなっちゃうな。


豚公爵さん、豚なのに次々と女の子に気に入られちゃう問題。
何かと話題に上っていたカリーナ姫が学園にやってきて、スロウがお世話役に。問題の姫君みたいなことを言われていたわりには、まあちょこっと引きこもり体質なだけで、あの頃の豚公爵に比べればまともすぎるお姫様でしたね。
どこか幼い部分があるのが微笑ましいヒロインなんだけど、シャーロットといいアリシアといい、なんだかこの作品ヒロインが全体的に幼くないですか(キャラデザ含め)? まあ好みなので個人的にはオイシイんですが。


ダンジョンが暴走するのは予想できていましたが、まさかドラゴンまでやってくるとはね……。
学園長の隠された凄さや、ロコモコ先生の戦士の一面が見られたのも良かったのですが、やっぱりメインはスロウとシルバ!
いやーこの活躍はさすがに世界に鳴り響いちゃうわ。なんだかんだでしばらくは学園でくすぶってるのかなと思っていたんですが、返り咲くのめっちゃ早かったですね。
一方でシャーロットとの関係性にも大きく動きが。怒涛の展開すぎて目が回っちゃいますが、これは一層次巻以降が楽しみになりました。


なかなかシューヤのターンが来ない。